[PR]

 瀬田工業高校(大津市神領3丁目)定時制3年の生徒が、課題研究で手作りした乗り物の遊具を草津養護学校(草津市笠山8丁目)小学部に寄贈した。

 寄贈した遊具は、養護学校の児童のスクールバスをイメージした木製台車2台で、それぞれ幅82センチ、長さ150センチ、高さ160センチ。1台に子ども4人が乗れるという。昨年5月から10月までに機械類型の生徒15人が木材の加工や組み立て、台車の製作や塗装をした。同11、12月に電気類型の生徒13人が電気の配線などを手がけて仕上げた。

 1号車には、路線バスの利用方法を学ぶ「生活」の授業などで使えるよう配慮。バスの乗客が降車時に運転手や車内に知らせるボタンを備えた。2号車には前にハンドルが付けられ、LED(発光ダイオード)を使って星空のように光る照明を天井に設けた。

 草津養護で12日にあった贈呈…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら