[PR]

 スノーボードの成田緑夢(ぐりむ、24)=近畿医療専門学校=が12日、スノーボードクロスの男子下肢障害で銅メダルをつかんだ。19歳で左足に障害を負ってから夢に描いたパラリンピックの初舞台。セレモニーでボードを高らかに掲げ、「ハッピーです」と満面の笑みを見せた。

 ダイナミックな滑りで、起伏やジャンプ台を次々と越えた。「雪上のモトクロス」と呼ばれるスノーボードクロス。準決勝で敗れたが、3位決定戦ではソチ大会で金のストロング(米国)と、互いの板と板がぶつかりそうな熱戦を演じ、勝利した。

 兄と姉は2006年トリノ五輪にスノーボードで出場した成田童夢さん(32)と今井メロさん(30)。3きょうだいの末っ子で、兄や姉と幼い頃からゲレンデに通った。父から英才教育を受ける兄姉と一緒に鍛えられ、童夢さんが「3人で一番のセンスだった」という緑夢の運動能力は磨かれた。

 高校でトランポリンの全国大会…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも