[PR]

 ネパールのカトマンズ空港で12日午後2時20分(日本時間午後5時35分)ごろ、バングラデシュ・ダッカ発のUSバングラ航空BS211便が着陸後にオーバーランし、炎上した。地元メディアなどが伝えた。乗客67人と乗務員4人の計71人が乗っていたが、地元警察によると49人の死亡が確認されたという。

 カトマンズの日本大使館によると、日本人の乗客はいないとみられるという。ネパール軍や警察が救出作業にあたっており、死傷者数は増える可能性がある。(ニューデリー=奈良部健)

こんなニュースも