[PR]

(12日、平昌冬季パラリンピック)

 スノーボードクロスで12日、スタート機器が故障するトラブルが起きた。

 選手は高さ30センチほどのスタート板をスノーボードで押し倒し、2人同時にコースに滑り降りる。だが、一方の板が開かない不具合が続き、決勝トーナメント1回戦で2本のレースがやり直しになった。

 結局、不具合は直らず、機械の代わりに「ゴムひも」を使って手動でスタートの合図をすることに。選手の前に黒いゴムひもを張り、スタッフが同時に手放す異例の方式が採られた。

 影響を受けた1人が小栗だった。対戦相手がスタートできず、小栗はそのまま滑走。途中で止められ、スタート地点に戻された。その後も修理のため競技は約40分中断。小栗はパイプ椅子に座って待たされた。

 「影響は正直、ありました。体が動かず、いい滑りはできなかった」と小栗。1回戦は突破したが、準々決勝で敗退した。国際パラリンピック委員会は「故障があり、手動で対応した。競技には影響がなかった」とコメントした。(高野遼)

こんなニュースも