[PR]

 1998年長野五輪フィギュアスケート女子で15歳のタラ・リピンスキー(米)を金メダルに導いたリチャード・キャラハン・コーチ(72)=米=が、選手への性的虐待の疑いで、米フィギュアスケート連盟から資格停止処分を受けた。キャラハン・コーチは、2006年トリノ五輪金メダルの荒川静香さんも一時指導したことがある名コーチとして知られる。

 ロイター通信によると、選手を性的虐待から守るための組織「セーフスポーツ」が調査する。キャラハン・コーチは結果が出るまでフィギュアスケートの活動ができなくなった。

 米紙USAトゥデーによると、問題となっているのは、10年以上前の、教え子の男性の被害について。現在五輪コーチを務める男性は「不正をただす機会になる。キャラハン氏はこれほど長い間、コーチをすべきではなかった」などと語っている。また、男性は99年に米紙ニューヨーク・タイムズで、キャラハン・コーチから15歳のときに不適切な性的行為を受け、18歳には性的関係を持つようになり、22歳まで続いていたことなどを明かしている。

 ロイター通信によると、同連盟は詳細について明かしていない。ただ、99年に男性からの申し立てを調べたが、14年以上前に起きたことだったので何も対応をしなかったことを認めている。

 米国では今年に入り、女子体操選手らに性的虐待を繰り返したとして、米体操協会の元チームドクターが禁錮40~175年の判決を受けた。また、問題を把握しながら放置したとして、選手が同協会や米オリンピック委員会を訴えている。(浅野有美)