[PR]

 診察せずに処方箋(しょほうせん)を交付したとして三重県警は12日、同県四日市市の男性医師(48)と札幌市中央区の会社員男性(36)を医師法違反の疑いで書類送検し、発表した。2人とも容疑を認め、医師は「患者のためにも処方箋を出そうと思い、軽く考えて引き受けた」、会社員男性は「部下の社員から相談を受け、医師に依頼した」と話しているという。

 生活環境課によると、医師は会社員と共謀し、昨年1月11日~3月3日、計18回にわたり、診察をせずに7人分の鎮痛剤や湿布の処方箋を作り、交付した疑いがある。会社員が同僚社員に保険証のコピーを提出させて薬の注文を取り、医師の診察を受けたように装って処方箋を出してもらっていた。2人は仕事を通じ、10年来の知り合いだったという。

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/