[PR]

 福岡県行橋市門樋町の原田動物病院と、併設された猫カフェ「ゆくねこ」を舞台にした本「今日もゆくねこ」が出版された。病院で預かる譲渡目的の猫や犬などを主役に、ほのぼのとした日常がイラストと文章でつづられた絵日記。愛猫家でなくても楽しめる内容となっている。

 著者は市内に住む美術大出身の女性hacoさん。4年ほど前、病院の前を通りかかり、猫カフェの猫に興味をもったのがきっかけだった。当初は毎日のように通い、スケッチしたり、写真に撮ったりし、ペンと色鉛筆で絵日記の作品を仕上げては病院に届けた。

 登場するのは、猫カフェで新しい飼い主の登場を待つ「猫スタッフ」をはじめ、院長の村山真知子さん(64)や職員の「人スタッフ」たち。表紙は、村山さんが引き取ったメスの看板猫ミーコのイラストだ。

 1ページに1話で、それぞれタ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら