【動画】ゴキブリ界の「センター」を争う総選挙企画も=張春穎撮影
[PR]

 ゴキブリ、本当に嫌い? そんな思いを込めた静岡県磐田市竜洋昆虫自然観察公園の「ゴキブリ展」が好調だ。アイドルにみたてた総選挙などを企画。「キモたのしい」「見方が変わった」「愛情にあふれている」と来場者も好意的で、次回開催も決まった。さて、あなたの「推しゴキ」は。

 2月3日に始まったこの企画展。国内外の約45種3千匹が各ケースに入り、プロフィルが並ぶ。従来の家族連れだけでなく、県外からや女性の一人客、学生のグループの姿が目立つ。2月の来場者数は前年の2・5倍の約2500人。アンケートにも協力的だ。

 目玉は「推しゴキ」に投票する「GKB(ゴキブリ)38総選挙」。スタッフの独断で予選を勝ち抜いた37種と天敵のクモの計38種が「『暗くて狭い』なんて、もういやだ」と争う。1位は来年度の展示で「センター」が約束される。

 現在トップは豪州出身で世界最重量のヨロイモグラゴキブリ。体長8センチほどの巨大さとは裏腹に、穴掘り大好きで家族と暮らすという一面も。「ゴツさに驚いた」(30代女性)、「動きが面白い。電池が入っているみたい」(40代女性)と女性からも大人気だ。

 体色が定番の黒色ではなく緑色や黄色をしたグリーンバナナローチが「とてもキレイ」(30代女性)、「同居してもいいかも」(40代女性)と後に続く。

 国内勢はスタッフの北野伸雄さん(32)と柳沢静磨さん(23)が手づかみで「スカウト」した。「勇気が必要」「リュックにゴキブリをたくさん入れて転んでぶちまけたらニュースになってしまう」と悪戦苦闘ぶりも紹介。「こんなに種類があるなんて」(40代女性)、「世界は広いと実感」(50代女性)と驚かせた。

 ユーモアも交えて特徴を紹介。触ったり臭いをかいだりする企画も開く。臭いについては塩昆布や雨上がりのアスファルトに似ているといった感想も。飼育のススメでは、ゴキブリを見ながらティータイムを楽しむ方法も提案した。スリッパをあげた瞬間に逃げられるのはなぜか、といった疑問にも答える。

 関心は高く、質問も多いため、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら