[PR]

 サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)で、G組のセ大阪は1次リーグ第4戦で14日、ブリラム(タイ)と本拠のヤンマースタジアム長居で対戦する。

 1次リーグ折り返しの3戦を終えて、セ大阪は1勝1敗1分けの勝ち点4で3位。ブリラムとの一戦に向け、尹晶煥監督は「一番大事な試合。勝利によって変化を起こしたい。良い結果につながってくれると思っている」と語った。

 6日の敵地でのブリラム戦は控え組中心のメンバーで戦い、0―2の敗戦。13日の練習で別メニュー調整だったFW柿谷は欠場が濃厚だが、今回の本拠でのブリラム戦にはベストメンバーで臨む方針だ。主将の山口蛍は「勝つか負けるかで、突破できるかできないかが決まってしまうようなゲーム。いい準備をしてきたし、チームの状態も上向いてきている」と話した。