[PR]

 年齢や性別、障害のあるなしに関わらずサッカーを楽しめるイベント「ダイバーシティサッカーフェスティバルin和歌山」が18日、和歌山市手平2丁目の和歌山ビッグホエールで開かれる。

 サッカー関西リーグ1部の「アルテリーヴォ和歌山」などでつくる実行委員会が主催。会場では、競技用車いすに乗って行う「車いすサッカー」のほか、走ったり体を激しくぶつけたりすることが禁止されている「ウォーキングフットボール」などが体験できる。サッカーボールを使ったボウリングなどのミニゲームもあり、子どもからお年寄りまでそれぞれのペースで楽しめる。

 アルテリーヴォの選手や和歌山で活動する女子フットサルチーム「セットスターレディース」の選手から指導を受けられる教室も開かれ、ヨガや体操コーナーもある。事務局の担当者は「色んなサッカーを体験してほしい。和歌山で初めてのフェスティバルになるので、ぜひ参加して」と呼びかけている。

 開場は午前10時半で、体験は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら