[PR]

後継者がいない(下)

 後継者難の時代でも、家業を継ぎ、もり立てたいと考える若者たちがいる。

 瓶もラベルも真っ赤な燗(かん)酒、その名も「激熱(げきあつ)」――。日本酒業界の常識を破るヒット商品のアイデアが出たのは昨年。広島・呉の酒蔵「三宅本店」の三宅清史(28)が、若手社員2人と社員食堂でお昼を食べていると、入社2年目の女性社員が赤い瓶での販売を提案してきたのだ。

 「熱いお燗にすると激烈にうまい酒」という意味を込めた名称は若手杜氏(とうじ)の案。「今までにない商品になる」と確信した三宅は、社内調整に動いた。

 三宅本店は安政3(1856)…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも