[PR]

 第27回東海地域小・中学生ソフトボール新人大会に出場する「TEAM瑞浪」が、水野光二・瑞浪市長に報告した。生徒減少もあって市立中は単独チームが組めず、全5校の合同チームで初めて昨秋の県大会に臨み、優勝した。

 県大会決勝は「大垣ミナモソフトボールジュニアクラブ」を3―0で破った。主将で捕手の石川百音さん(瑞陵中2年)は「なかなか点が取れず苦しかったけれど粘った。六回裏につないで3点取れた」と話した。東海大会は17日から三重県紀北町で開かれ、大垣も出場する。

 石川さんと投手の渡辺梨央さん(瑞浪中2年)は県選抜メンバーに選ばれ、25日から大阪市で開かれる第14回都道府県対抗全日本中学生女子ソフトボール大会にも出場する。(松下和彦)