[PR]

 立教大相撲部に強力助っ人が誕生――。相撲を題材にしたコメディー映画「シコふんじゃった。」で知られる周防(すお)正行監督(61)が立教大相撲部の名誉監督に就任し、13日、東京都豊島区の立教大学で記者会見が行われた。

 1919年創部で来年創部100周年という歴史を持つ立教大相撲部だが、最近は部員不足で満足な活動もできない状態が続く。

 今月、部員1人が卒業すると、新学期からは部員2人、女子マネジャー4人という陣容になる。団体戦では少なくとも5人の選手が必要で、柔道部やレスリング部から応援を頼んで大会に出場しなければならない。そこで新入部員獲得や相撲部の知名度アップのため周防監督に名誉監督になってもらおうと打診したところ、快諾してもらい、この日の就任になった。

 立教大OBである周防監督は「責任を感じています。経験のない人でも大学から相撲を始めることができて、国技館で試合ができます。どういう貢献ができるかはわかりませんが、多くの若者が相撲を経験できる環境作りをしたい。協力したいと思います」と話した。

 大学相撲部を舞台にした「シコふんじゃった。」は92年に公開され、翌年、日本アカデミー賞最優秀作品賞に輝いたほか周防氏が監督・脚本賞、本木雅弘さんが主演男優賞に輝くなどヒット作となった。作品の中に出てくる「教立大学」はもちろん立教大がモデルだ。

 計画では、新入生向けのビデオにメッセージを寄せたり、校内大会「周防正行杯」を開いて人材の発掘をしたりすることになっている。

 「シコふんじゃった。」でプロデューサーを務めた桝井省志さんもこの日、名誉部員に就任した。(有吉正徳)