[PR]

 さまざまな伝統産業が今も息づく古都・京都で、創業300年を超える堀金箔粉(ほりきんはくふん)(京都市中京区)は、金属箔の製造と販売を続けている。寺社や文化財のほか、食用や美容、先端科学の分野にまで用途は広がった。暮らしに「ハレ」を添え、輝かせている。

「インスタ映え」追い風に

 世界遺産・二条城(京都市中京区)のカフェで話題なのが、2年前に発売された黄金ソフト(税込み1200円)だ。約11センチ四方の堀金の金箔をまるごと1枚使い、抹茶ソフトを巻いている。きらびやかな見た目にひかれ、画像投稿サイト「インスタグラム」に載せる人が相次ぐ。嵐山や清水寺でも金箔スイーツが売られるようになった。

 「インスタ映えが新たな需要につながった」。2004年から社長を務める堀金10代目の堀智行さん(48)は自信をみせる。

 堀金の始まりは江戸中期。近江国・今津から京に上がってきた砂子屋伝兵衛が、幕府から支給された金地金をたたいて金箔を作り、売り歩いたと伝えられている。

 希少価値ゆえに、金の製造・販売はしばしば政権の支配下に置かれた。戦中から戦後初期にかけては流通が制限され、堀金は船のエンジンに使うアルミ粉を作ってしのいだ。統制が解けたのが1953年。3年前に焼失した金閣寺の再建のため、大量の金箔が必要に。この「特需」により息を吹き返した。

 「身の丈にあった商売に徹する」。これは、幾多のピンチを経た堀金に代々伝わる家訓だ。

 金箔は、小豆1粒ほどの地金を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら