[PR]

玉木雄一郎・希望の党代表(発言録)

 (森友学園への国有地売却に関する決裁文書の改ざん問題について)役人道というか、吏道の廃れを強く感じる。私自身も大蔵省、財務省で働いていたので、入省したときに、「政治家と対立することはよくある。しかしそのときは、政治家が間違ったことを言えば、自分の首が飛ぶことも覚悟して正しいことを言え」と当時は教育された。しかし今回のことを見ていると、強い政権にお仕えするということで、いろんなことを苦労の中でやったのかもしれないが、政府与党に対する間違った協力の仕方をしているのではないかということを感じざるを得ない。

 行政府が立法府に対して、1年以上にわたってうそをついてきたということが、今回の問題の本質だ。その意味では、安倍政権と国会との信頼関係は崩れ去ってしまった。この信頼を回復することが最優先事項だと考えているので、このまま何もなかったように憲法改正議論に入れるような環境ではない。特に行政権の権力を拡大するような方向での憲法改正はこのような状況のもとではできないし、やるべきではない。(記者会見で)

こんなニュースも