[PR]

鴨下一郎・元環境相(発言録)

 (森友学園との国有地取引に関する財務省の決裁文書改ざんについて)財務省の一部の官僚の問題ではなく、やっぱり、最初のそもそも話でいえば、森友の教育勅語だとか、共感した政治家の色んな人たちがみんなで応援していこうと、そういうところから始まっている。

 (麻生財務相は財務省をグリップできているのかと問われ)政治は結果責任だから、「適材適所」とずっと言い続けた佐川(宣寿・前)国税庁長官がこのタイミングでお辞めになるのは余程のことだと思う。それに対する政治側の責任も重いものがある。

 いま麻生大臣は真相究明、その後の体制をどう変えていくかについて責任をもってやりたいとおっしゃっている。ただ、それを麻生大臣がなさるのがベストなのか、それとも違う方の目で見るほうがいいのか、これは最後は(安倍晋三)総理が判断されることだ。(BS日テレの番組で)

こんなニュースも