[PR]

 自民党の憲法改正推進本部は14日、9条改正をテーマに執行役員会を開いた。執行部側が、戦力不保持と交戦権否認をうたう2項を残して「自衛隊」を明記する案など計七つの条文案を提示した。執行部は、全所属議員が参加できる15日の全体会合にも示し、自衛隊を明記する2項維持案でのとりまとめをめざす。

 7案を大別すると、安倍晋三首相の提案に沿って1、2項を維持する5案と、石破茂・元防衛相が訴える2項を削除する2案。

 2項維持の5案のうち、3案は「自衛隊」を明記するもの。そのうち執行部が有力と考えるのは、9条とは別に新たな条文として「9条の2」を設け、「必要最小限度の実力組織」として「自衛隊を保持する」と規定する条文案だ。首相を「最高の指揮監督者」とする文言も書き込んだ。

 この案とは別に、「前条の範囲内で」を加える案、「前条の規定は~自衛隊を保持することを妨げない」とする二つの案を示した。

 2項維持の残り2案は、「自衛隊」ではなく、「自衛権」を明記したものだ。

 一方、2項削除案は「陸海空自衛隊を保持する」と書き込む案と、「国防軍」を掲げる2012年の党憲法改正草案を示した。

こんなニュースも