[PR]

 英国でロシアの元スパイらが重体となった殺人未遂事件で、メイ首相は14日、事件は「ロシア国家による英国に対する不法な実力行使」と断定し、報復措置としてロシアの外交官23人を国外追放処分にすると明らかにした。また、この問題で国連に対し、安全保障理事会の緊急会合の開催を要請した。

 メイ氏は14日の国家安全保障会議で関係閣僚らと対応を協議した。その後の議会で、対象となったロシアの外交官は「申告のない諜報(ちょうほう)活動員と特定された」と指摘。退去の猶予は1週間とした。一度に追放する規模としては過去30年で最大で、「ロシアが我が国を攻撃したのは初めてでないことを反映した」と話した。

 このほか、両国間の政府高官や要人の接触を停止。6月にロシアで開幕するサッカー・ワールドカップの観戦などに英国の閣僚や王族は出席しないとした。

 事件は4日、英南西部ソールズ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも