[PR]

 地下鉄サリン事件など、オウム真理教による一連の事件に関与し死刑判決が確定した元教団幹部ら13人のうち7人について、法務省は14日午前、東京拘置所から全国5カ所の拘置所への移送を始めた。同省関係者への取材でわかった。教団をめぐる刑事裁判は今年1月にすべて終結。同省は、元代表の松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(63)ら死刑が確定した13人の執行について慎重に検討している。

 同省関係者によると、13人は現在は全員が東京拘置所におり、うち7人が名古屋、大阪、福岡、仙台、広島の計5カ所の拘置所に移送される。松本死刑囚は東京拘置所にとどまる。

 移送された7人は、岡崎(現姓・宮前)一明(57)、横山真人(54)、林(現姓・小池)泰男(60)、早川紀代秀(68)、井上嘉浩(48)、新実智光(54)、中川智正(55)の各死刑囚。

 同省では、同じ事件に関与した共犯者は原則、異なる地域の拘置所や刑務所に分散して収容している。死刑囚については、親族の面会がしやすいよう、郷里に近い拘置所に収容するケースもあるという。元教団幹部らについては、教団をめぐる裁判が終結し、証人として出廷する可能性がなくなったため、分散収容が可能になったとみられる。

 教団をめぐる一連の事件では計192人の教団幹部や信徒が起訴され、190人が有罪となった。13事件に関与して計27人を死なせた松本死刑囚ら、計13人の死刑が確定している。