[PR]

 日中韓台湾の女流トップ棋士ら8人が優勝を争う囲碁の世界戦「ワールド碁女流最強戦2018」が14日に開幕し、東京・市ケ谷の日本棋院で1回戦4局が始まった。日本での女性棋士の世界戦は初めてだ。

 トーナメント戦で、1回戦の組み合わせは、藤沢里菜女流三冠(19)―ロシアのアマチュア五段ナタリア・コヴァレヴァさん(30)▽謝依旻(しぇい・いみん)女流本因坊(28)―中国の於之瑩(オ・シエイ)六段(20)▽向井千瑛(ちあき)五段(30)―韓国の崔精(チェ・ジョン)九段(21)▽牛(にゅう)栄子二段(18)―台湾の黒嘉嘉(コク・カカ)七段(23)。

 一般棋戦と同じく、女流碁界でも中韓の2強時代が続いている。開催8回を数える中国の女子世界戦「穹窿山兵聖(きゅうりゅうざんへいせい)杯」の優勝者は、中国が3回、韓国が5回と分け合う。今大会に出場する中国代表の於六段、韓国代表の崔九段ともに、兵聖杯優勝の実績を持つ世界トップ棋士だ。

 台湾代表の黒七段は、芸能事務所にも所属する人気棋士。日本でも囲碁の枠を超えてファン層が広がっている。棋力も台湾トップクラスで、世界戦では第1回兵聖杯で準優勝している。

 これら中韓台のトップ棋士に、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら