[PR]

 菅義偉官房長官は14日午前の記者会見で、ティラーソン米国務長官の解任について「米国とは、安倍(晋三)首相、トランプ大統領との間、さらには実務レベルで様々なチャンネルがある。特段の悪影響が生じることは考えていない」との認識を示した。

 菅氏はさらに、北朝鮮から非核化に向けた具体的な行動を引き出すために圧力を継続する方針などについて、「米韓両国とも完全に一致している」と強調し、ティラーソン氏解任の影響はないと繰り返した。

こんなニュースも