[PR]

 JR我孫子駅(千葉県我孫子市)の構内にある立ち食いそばの「弥生軒」が4月で創業90年を迎える。名物は丼に納まりきらないほどの特大から揚げで、行列が絶えない。前身の駅弁店で「裸の大将」と親しまれた画家・山下清が戦時中に働いていたことも、老舗の売りになっている。

 創業は1928年4月。植崎和基社長(58)によると、東京への通勤・通学客が多くなるにつれて、67年から始めた立ち食いそばが主力商品となり、83年ごろに駅弁販売をやめた。現在、我孫子駅のホームで3店、同市のJR天王台駅で1店を展開している。

 そば、うどんのメニューは各9種類あるが、一番人気は20年以上前に始めた、から揚げそばだ。長さ15センチほどのから揚げが1個入って400円、2個だと540円。単品(140円)で注文する客も多い。

 麺やつゆも含めて、我孫子駅近くの本社内工場で作る。から揚げは1日平均で1500個ほど揚げ、できたてを食べてもらうため5、6回に分けて店に運ぶ。来客が多い日は2千個近く作ることも。植崎さんは「から揚げは最初は小さめだったが、お客さんに喜んでもらおうと大きくしたら評判になり、どんどん大きくしてしまった」と笑う。

 茨城県から東京都内に通学する…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら