[PR]

 「役所が出す文書ってのは一応、信頼が高いものだと思いますよ」

 森友学園をめぐる決裁文書改ざんの舞台になった財務省のトップ麻生太郎財務相は、9日の記者会見でこう語った。朝日新聞が2日付朝刊で「森友文書 書き換えの疑い」と報じてから1週間が経っていた。

 「消えた年金記録」問題などを機に、2011年に施行された公文書管理法は、公文書を「健全な民主主義の根幹を支える国民共有の知的資源」と位置づける。それだけに、今回の改ざん問題について、霞が関では「公文書をいじることは絶対に考えられない」(厚生労働省局長)と驚きが広がる。公文書改ざんは、国民に対してうそをつくことにほかならないからだ。

 だが、霞が関では公文書管理法の趣旨をないがしろにするような事例も目立つ。その一つが、公文書の範囲をあえて狭めようとするやり方だ。

 「開示されて問題になりそうな…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら