[PR]

 特殊な機械や工具を備え、ものづくりをしたい一般市民が手軽に活用できる工房「ファブラボ」が、全国に広がっている。県内でも昨年5月、南さつま市金峰町に旧小学校の校舎を利用した「ダイナミックラボ」が開設された。新しい発想を形にできる空間は、新たに人を呼び寄せる場所になりつつある。

 鹿児島市内から車で約40分。県道からはずれた道を進むと、森に囲まれた旧大坂小学校があった。校舎の上には大きく「ダイナミックラボ」と書かれていた。

 「教室」をのぞくと、3Dプリンターやレーザーカッターといった特殊な工具が並んでいた。校舎だった構造を生かし、それぞれの「教室」は木工作業のための部屋や、パソコンやプリンターなどのデジタル機器の部屋などと用途に応じて使い分けられている。

 一般社団法人「その辺のもので…

この記事は有料会員記事です。残り1227文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1227文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1227文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
関連ニュース