[PR]

 14日午後3時15分ごろ、金沢市広坂1丁目の金沢市役所から「人が刺された」と110番通報があった。石川県警によると市職員4人が男に包丁で刺され、病院に運ばれた。全員意識はあるという。県警金沢中署員が市役所内にいた無職高畑潤一容疑者(33)=同市みどり2丁目=を取り押さえ、銃刀法違反容疑で現行犯逮捕した。高畑容疑者は「今は話すことはありません」と話しているという。

 市と県警によると、環境局長の男性(58)、秘書課長の男性(52)、非常勤職員の男性(69)、臨時職員の女性(54)の4人が、市役所の3階から5階で腹部などを刺された。高畑容疑者は包丁の他にも刃物を所持していたという。県警は殺人未遂容疑も視野に調べている。

 市役所は騒然とした。松井純一市議は、議員控室のある7階で、高畑容疑者が取り押さえられる様子を目撃した。「左手に包丁を持って『近づくな!』と言っていた。警察の3人が拳銃を出して、『下ろせ、下ろせ』と言って取り押さえた」と話した。5階にいた職員の女性は、刺されて左脇腹を押さえた男性から「救急車を呼んでほしい」と言われ、周囲と手分けして119番、110番通報した。「タオルで止血した。市役所で血を見るなんて」と驚いていた。確定申告のため市役所を訪れていた40代の女性会社員は「信じられない」と、ショックを隠せない様子だった。