[PR]

 法務省は14日、地下鉄サリン事件などオウム真理教による一連の事件に関与して死刑が確定した元教団幹部13人のうち、岡崎(現姓・宮前)一明死刑囚(57)ら7人について東京拘置所から全国5カ所の拘置所へ移送を始めた。今年1月にすべてのオウム裁判が確定。同省は刑事事件では戦後前例のない多数の確定死刑囚の執行について、時期や順序などを慎重に検討しているとみられる。

 同省関係者によると、移送されたのは岡崎死刑囚のほか、横山真人(54)、林(現姓・小池)泰男(60)、早川紀代秀(68)、井上嘉浩(48)、新実智光(54)、中川智正(55)の各死刑囚。7人は14日早朝、東京拘置所を出発。大阪(2人)、名古屋(2人)、広島、福岡、仙台の各拘置所・拘置支所に向かった。15日にも全員が到着する見通し。松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(63)ら6人は東京拘置所にとどまる。

 これまで法務省は確定死刑囚全員を裁判に証人として出廷する可能性があるとして東京拘置所に収容してきた。だが、今年1月にオウム裁判は終結。同じ事件で死刑確定者が多数いる場合、共犯者の死刑執行によって心情が乱れたり、拘置所内での接触でトラブルが起きたりするのを防ぐため、証人として出廷する必要がなくなった段階で分散収容するのが通例という。

 死刑囚らの支援に取り組む市民…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら