[PR]

 NHK大河ドラマ「西郷どん」の奄美大島ロケが始まり、14日に一部が報道陣に公開された。西郷隆盛を演じる鈴木亮平さんは取材にも応じ、「島で感じたことを大事にし、文化や歴史も体に取り込みながら演じたい」と抱負を述べた。

 奄美群島での撮影は2月末から先週まで沖永良部島であり、13日からは奄美大島で開始。失意の中で島に送られた西郷が、後に妻となる愛加那(あいかな)や両島の人たちとの出会いを通じ、国を動かす人物へと覚醒していく姿が描かれるという。

 14日は国の登録有形文化財になっている奄美市笠利町の民家「薗(その)家住宅主屋」前の庭園で、西郷役の鈴木さんと愛加那役の二階堂ふみさんが言葉を交わすシーンなどが撮影された。

 取材に鈴木さんは「今(ドラマ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら