[PR]

 大相撲春場所が開催中のエディオンアリーナ大阪に貴乃花親方(元横綱)が初日から姿を現していないことについて、日本相撲協会の春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)は4日目の14日、貴乃花親方から、再びファクスで役員室へ出勤することを免除して欲しい旨の連絡があったことを明らかにした。

 ファクスには、前日自らのホームページで公開した「それぞれの職務は、その職に応じた役割があり、役員室に閉じこもっていては、その職務を全うできないというのが私の信条です」との書き込みと同様の趣旨がつづられていた。同アリーナで柔軟に対応するとも書かれていたという。

 しかし、春日野部長は「組織全体として3月場所を開催している以上、役員室に出勤するように指示する」と話した。

 現在役員待遇委員の貴乃花親方は、八角理事長(元横綱北勝海)らがいる役員室に常駐することになっているが、2日目の12日に弟子の貴ノ岩の状況を理由に場所を休場すると、協会宛てにファクスしてきた。

 協会側は電話での連絡がつかないとして、同じ2日目に理事長名で出勤するようファクスを送った。一両日中にも改めて、同様の連絡をするという。

こんなニュースも