[PR]

 財務省が森友学園との国有地取引に関する決裁文書を改ざんしていた問題で、日本維新の会の松井一郎代表(大阪府知事)は14日、府庁で記者団に「(政策決定で)積み上げてきた議論の過程が全部隠されてしまう。民主主義の根幹を脅かす話だ」と批判した。また、麻生太郎財務相について、「組織のトップということで責任はある」と今後の進退に関しても言及した。

 松井氏は「(財務省は)本当に深い闇がある。解体して出直さなければならない。ウミを全て出して組織を変えるところまでが必要だ」と述べ、財務省の解体を含む組織改編を提案した。

 また、改ざん当時に財務省理財局長だった佐川宣寿・前国税庁長官の処遇を「適材適所」と主張してきた麻生氏について、「言ってきたことに対しての責任はある。全てウミを出し切ってからご自身の出処進退を決めるのか、手段は色々ある」と指摘。「(麻生氏は)逃げ隠れするような人じゃないと思う。地位にしがみついて、そこに恋々としがみつくというようなことはない」と述べた。

 一方、安倍晋三首相の妻の昭恵氏を国会に呼ぶことについては、必要ないとの考えを示した。