[PR]

 「飛鳥美人」で知られる奈良県明日香村の高松塚古墳(7世紀末~8世紀初め)の極彩色壁画(国宝)とよく似た女子群像の板絵がみつかった鳥取市の青谷横木(あおやよこぎ)遺跡で、仏の顔とみられる墨絵の描かれた木札が出土していたことが分かった。専門家によれば、厄払いなどの祭祀(さいし)に使われた木製人形(ひとがた)とみられるが、仏の表情が描かれるのは異例。遺跡周辺が、神道と仏教の混在した宗教センターだった可能性を指摘する見方も出ている。

 鳥取県埋蔵文化財センターによれば、木札は女子群像の板絵がみつかったときと同じ2015年度の調査で出土。長さ18センチ、幅3・1センチ、厚さ6ミリで、木札の上部に表情が描かれていた。大きな耳たぶやあごの3本のしわの特徴、右肩部分を脱いだ「偏袒右肩(へんたんうけん)」とみられる衣装の表現などから、仏教の如来像が描かれた可能性が高いとされる。木札の年代や木の種類は割り出せなかったが、出土した状況から7世紀末から10世紀後半とみられる。

 青谷横木遺跡では、古代国家が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら