「テケテケ」のギターサウンドでおなじみ、ベンチャーズの元メンバー、ノーキー・エドワーズが亡くなった。1960年代、日本にエレキブームを巻き起こした米国のロックバンドの2代目リードギタリスト。親交のあったミュージシャンらが死を悼んだ。

 バンドは59年の結成。エドワーズは翌年加入した。ビートルズ来日1年前の65年の初来日公演で、カントリースタイルの高度なギターワークを披露。衝撃を受けた若者はこぞってギターを買ってバンドを組み、エレキブームが起きた。

 ステージで度々共演した「エレキの神様」寺内タケシは「亡くなったと聞いて驚いた。最初に会った時、体がでかくてびっくりしたことを強烈におぼえている。彼なしにはエレキギターの歴史は語れないし、会うとエレキギターの話が尽きなかったよ」とのコメントを寄せた。

 最後に共演したのは2014年10月、東京・新宿のライブハウス。「パイプライン」「ダイアモンド・ヘッド」などを演奏したという。「また会えると思っていたのに本当に残念だ」

 加山雄三は、エドワーズから、彼らのトレードマークのモズライトギターを譲り受けるなど、公私ともに親交があった。

 「この別れは僕にとって、とて…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら