[PR]

 大相撲春場所5日目の15日、十両十二枚目の貴ノ岩が、白鵬がスカウトした新十両の炎鵬に勝って3勝2敗とした。元横綱日馬富士による傷害事件絡みで注目の一戦となったが、内容も見応えのあるものとなり、浪速の相撲ファンを大いにわかせた。

 身長182センチ、体重150キロの貴ノ岩に対し、炎鵬は169センチ、91キロ。貴ノ岩は動きのいい炎鵬に潜り込まれ、両方の前まわしをつかまれる。上から抱えこむ貴ノ岩は揺さぶられても崩れず、足をかけられてもしのいだ。最後は貴ノ岩が、力尽きた炎鵬を寄り切った。炎鵬がふらつくように土俵を割ると、貴ノ岩は炎鵬が土俵下に落ちないよう、腕をつかんで抱き寄せるようにした。

 貴ノ岩は炎鵬に潜り込まれる展開について、「流れです。我慢して」と話した。スタミナは問題ないかと問われ、「はい。もっといい相撲をとりたいと思います」と応じた。白星が先行したことには、「毎日全力でやろうと思ってるので、全力でやって勝ち負けは別に、はい」と語った。

 今朝の稽古を休んだことについ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら