[PR]

 国東市職員の益戸健吉(ますとけんきち)さん(63)が16日、関西学院大学(兵庫県西宮市)であった大学院学位記授与式で、自治体の資金管理などに関する博士号を授与された。53歳で同大大学院に入学し、休日にフェリーや飛行機で国東市から通学。学んだことを職場に生かしながら博士号を手にした。

 国東市出身の益戸さんは早大を卒業後、当時の国東町役場に就職した。定年退職後に再任用され、現在は会計課で資金管理全般を担う資金戦略専門員として週2~3日勤務する。

 転機は財政課長だった2007年。地方自治体職員向けの研修を受けた際、講師の教授から「市職員なのに何も知らない」と発破をかけられ、大学院で自治体経営を学ぼうと決めた。

 週末に通える九州の大学を探し…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら