[PR]

 長崎出身の歌手・福山雅治さんが長崎県の島々の魅力を紹介する県の公式動画が、16日から公開される。海の青さのほか、風土や文化、歴史を伝え、県外からの誘客や移住者増につなげるのが狙いだ。

 県によると、県内には594の島々があり、その数は日本一を誇る。県は「長崎の魅力は異国情緒あふれる街並みだけではない」と、島の魅力を発掘する企画「長崎ブルーアイランズプロジェクト」を立ち上げた。

 動画は、その企画の第1弾。「島と一体化する」をコンセプトに、福山さんがナビゲーターとして、五島列島や壱岐、対馬などの島々で、海の青さや、名所・旧跡、文化を5分程度で紹介する。このほか、同プロジェクトの公式サイトには「おすすめスポット」「三つの体感ポイント」を紹介するコーナーも設ける。

 15日には、メッセージ動画を公開。福山さんは「東京に来てからも長崎の島に行ってみたいなあ、きれいだなあと思っていました」と思いを語り、「正直、島のことを知っているとはまだまだ言えない」として今後は島を「体感して伝えていければ」と意気込みを語った。

 県の公式動画の配信は16日午前10時から。公式サイト(http://nagasakiblueislands.jp/別ウインドウで開きます)から見ることができる。県広報課の担当者は「長崎には、魅力ある島もある、ということを全国の方々に知ってもらいたい」と話している。(堀田浩一)