[PR]

 法務省は15日、地下鉄サリン事件などオウム真理教の一連の事件に関与した死刑確定者13人のうち7人について、東京拘置所から全国5カ所の拘置施設への移送を完了したと発表した。移送の理由について「拘置所内での共犯者同士の接触を避けるなど、配慮が必要なため」とし、「死刑執行とは無関係」と説明した。

 同省によると、7人はそれぞれ14日朝に東京拘置所を出発し、15日午後までに名古屋(2人)、大阪(2人)、仙台、広島、福岡の各拘置所・拘置支所に移った。これまでは事件をめぐる刑事裁判で証人として出廷する可能性があるため13人全員、東京拘置所に収容されていた。今年1月に裁判が終結したため、移送を決めたという。

 同省は移送された死刑確定者の名前を公表していないが、関係者によると移送されたのは岡崎(現姓・宮前)一明(57)、横山真人(54)、林(現姓・小池)泰男(60)、早川紀代秀(68)、井上嘉浩(48)、新実智光(54)、中川智正(55)の各死刑囚。松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(63)ら6人は東京拘置所にとどまった。