[PR]

 4月から保育園に入ろうと申し込んで落ちた子どもが、今年も大都市圏を中心に6万人を超えた。都市の中心部では、用地や保育士の不足が施設を増やす障壁となる。その壁を乗り越えようと、自治体も知恵を絞っている。

ミスマッチ埋める策「送迎保育園」

 大都市部のベッドタウンでは、通勤に便利な駅周辺に保育のニーズが集中する。地価が高いこともあって、保育施設の整備は追いつかない。それなら、空いている郊外に誘導できないか――。

 3月半ばの夕方。東京都町田市の町田駅から徒歩5分の中心部にある「つながり送迎保育園・もりの」に「送迎バス」が到着した。

 「おかえりー」。駆け寄った保育士がにこにこと見守る。視線の先には、チャイルドシートに収まった子どもたち。車で約15分離れた郊外の認可保育施設に在籍し、ここで保護者のお迎えを待つ。

 町田市では町田駅周辺や南部の保育ニーズが増え、昨年5月時点で2歳児までの約140人が待機児童になった。一方、市内の郊外にある認可施設は定員に計30人ほど余裕がある。このミスマッチを埋める策として、市は昨年10月に「送迎保育園」を開設した。郊外にある民間の認可施設に通う子どもが月額2千円で送迎のために利用できる。

 次男(2)が「もりの」を利用するパートの女性(33)は「近場で保育園を探していたので思ってもみない選択肢だったが、自然豊かな広い園に通えて、とても満足」と話す。

 3月まで1~4歳児の18人が利用していたが、4月から定員枠を30人に拡大。バスも2台にして送迎対象を5園から9園に増やす。

小学校跡に「パーク・アンド・ライド方式」

 兵庫県西宮市は来春、湾岸地域に60台分の駐車場を備えた認可保育園(定員120人)を新設する。阪急の夙川(しゅくがわ)駅や西宮北口駅周辺など人気エリアに集中するニーズを分散するため、10キロほど南の阪神・武庫川団地前駅の目の前にある小学校跡地に注目。大阪・梅田駅まで電車で約30分で、保護者がマイカーで子どもを送ってから車や電車で通勤する「パーク・アンド・ライド方式」と銘打つ。

 共働き世帯が増えるなか、利用者が減る幼稚園を活用する取り組みもある。

 昨春の待機児童数が全国で2番…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら