[PR]

 学校法人・森友学園(大阪市)への国有地売却で8億円超の値引きの根拠とされた地中のごみの撤去費をめぐり、算出に関わった業者が大阪地検特捜部の調べに、積算は虚偽の写真が根拠になっている、と説明していることが関係者への取材でわかった。学園と財務省近畿財務局からの働きかけがあったとも証言しており、値引きを正当化するため過大なごみの量が故意に積算された可能性がある。特捜部は、国側の関与について慎重に調べている。

 国有地売買をめぐって特捜部は背任容疑の告発を受理し、近畿財務局の担当者や学園側の関係者らから任意で事情を聴いている。

 小学校の開校に向け、国有地を借りて建設工事を進めていた学園は2016年3月11日、「杭打ち工事中に新たなごみが見つかった」と近畿財務局に報告。ごみの撤去費などを差し引いた価格で売買契約に移行する手続きが進んだ。

 ごみの量の積算に際し、業者は同年3月下旬に試掘して「深さ3・8メートルまでごみが混入」との報告書をまとめ、国側に提出。報告書には3・8メートルの根拠として、掘った穴にメジャーが差し込まれた現場写真が添付された。

 しかし、関係者によると、業者…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら