写真・図版

[PR]

 子育てをようやく卒業したと思ったら、次は孫の世話……という人をよく見かけるようになりました。豊富な子育て経験は重宝されますが、スキンケアや「抱きぐせ」など、常識と考えられていた子育ての知識が変わってきています。

 「むきたて卵のようなプルプルの赤ちゃん肌」といった美容グッズの宣伝文句を街中で見かけたりします。赤ちゃんは肌がきれいなのでスキンケアが不要と思いがちですが、実際に育ててみると肌荒れしやすく、乾燥しがちです。

 国立成育医療研究センターの研究で、保湿剤によるスキンケアは乾燥を防ぐだけでなく、アトピー性皮膚炎の予防にもつながることがわかってきました。生後1週間から1日1回保湿剤を塗るようにしたところ、塗っていない赤ちゃんよりアトピー性皮膚炎を30~50%起こしにくくなったそうです。大矢幸弘医長によると、保湿剤には保湿クリームやローション、ワセリンなど様々ありますが、どの種類を選ぶかよりも、塗る頻度を1日2回にすることで効果を高められるそうです。

 英国の研究では、ピーナツ食品を食べる量が多い家庭では、ピーナツのアレルギー物質がより多く自宅のほこりに含まれていたそうです。「ピーナツを口にしたことがない子どもでも、皮膚が荒れた部分でピーナツ成分による免疫反応が起きてしまうことがあります。すると初めてピーナツを食べたときにアレルギー反応を起こす可能性があります」と大矢さん。

 すでに炎症を起こしてしまった肌の場合、大矢さんは「黄色ブドウ球菌が繁殖してバイオフィルムという膜を作るので洗い流しにくくなり、保湿剤だけでは治せなくなります。医師の指示に従って、ステロイド剤を塗ってまず肌をつるつるに戻す必要があります」と話します。

 ほかにも、赤ちゃんが泣いてす…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら