[PR]

 不倫相手との間に生まれた生後3カ月の乳児を殺害したとして、殺人罪に問われた無職、伊藤浩二被告(33)=北九州市若松区=に対する裁判員裁判の判決が16日、福岡地裁小倉支部であった。松藤和博裁判長は「犯行は悪質」と述べ、懲役17年(求刑懲役20年)を言い渡した。

 判決によると、伊藤被告は2016年12月17日、北九州市内のラブホテルで、不倫関係にあった乳児の母、藪下里美受刑者(33)=傷害致死罪で懲役4年6カ月の実刑確定=と共謀。結心(ゆい)ちゃんを浴槽に沈め、頭部に何らかの暴行を加えて殺害した。

 松藤裁判長は「罪のない幼子を死亡させ、身勝手というほかない」などと指摘。弁護側の無罪主張については、遺体の状況や藪下受刑者の犯行当時に関する具体的な証言から、「伊藤被告の供述は信用できない」と退けた。(村上英樹)