[PR]

 認知症の人が万が一事故を起こしてしまったり、ケガをしたりしたときに賠償保険や救済金支給で支援する。そんな試みが一部自治体で始まっている。不測の事態に備えた安心を提供することで、認知症になっても暮らしやすい街を目指す狙いだ。

 神奈川県大和市に住む女性(57)の母親(83)が知らぬ間に家を出て一時行方不明になったのは2年ほど前だった。外が暗くなると「家に帰る」と言うようになり、その後も何度か警察に捜索願をだす事態に。アルツハイマー型認知症で、2016年7月から高齢者の早期発見を目指す市の「SOSネットワーク」に登録した。

 家の目と鼻の先には小田急線の踏切がある。一番の心配は事故だ。認知症の男性が列車にはねられ、鉄道会社が遺族に損害賠償を求めた裁判のニュースを聞いたときは、ひとごとと思えなかった。

 家族のもとに昨年、市高齢福祉…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら