[PR]

 イカの姿の美しさに魅入られ、13年以上にわたってイカだけを描き続けている鹿児島市の画家、宮内裕賀(ゆか)さん(32)の個展「イカスイム」が20日から、同市名山町のギャラリーで始まった。テーマは毎晩のように見るというイカの夢。「自分が描きたいイカにこだわった作品。絵を見て何か感じてもらえれば」と話す。25日まで。

 個展の開催は7年ぶり2回目。水面に映ったイカをイカ墨などで描いた絵や、イカの絵の上にイカ墨を塗った自分の体を重ねた2畳ほどの大きな作品など約30点を展示販売している。

 個展のタイトル「イカスイム」の「スイム」に込めた意味は、「睡眠」と「夢」。宮内さんがほぼ毎日見るというイカの夢が、作品のもとになっている。

 昨年1月から見た夢を記録し始め、そのメモを見ながら描いた絵を毎日、SNSのインスタグラムなどに投稿し続けている。会場では夢を描きとめたスケッチなども展示している。

 ある日に見たのは、イカ墨などで描いたイカの絵に赤いインクでサインを書かれ、悔しいと思ったという夢。その夢について考え、イカ墨でイカを描くことをどれだけ大切にしているか気付いたという。「夢を記録することで自分がイカをどう描きたいのかを考えるようになり、作品のヒントになった」と話す。

 会場はレトロフト千歳ビル2階のギャラリーで、午前11時から午後7時(最終日は午後5時)まで。問い合わせは宮内さん(090・7457・8934)へ。(島崎周)