神がかった61歳GK「もう限界」代表引退 平昌パラ

有料会員記事

高浜行人
[PR]

 パラアイスホッケー出場8チームで最年長選手のGK福島忍(61)が、最終戦を終えた16日、代表引退を表明した。大会前にもやめようとしたが、仲間のため「平昌までは」と奮起。衰えと戦いながら臨んだ舞台だった。

 22年前に競技を始め、2002年ソルトレーク大会から3大会連続で出場。長野県のチームに所属し、自宅のある静岡県藤枝市から3時間かけて車で通った。妻輝美代さん(54)との新婚旅行も合宿先だった。

 前回ソチ大会の出場を逃したころ、衰えを感じ始めた。冗談めかして「パックが四つに見える」と周囲に言った。練習の帰り道に疲れて車内で眠り、栄養ドリンクを飲んだ。

 17年になって、中北浩仁監…

この記事は有料会員記事です。残り285文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら