[PR]

 心肺蘇生に欠かせない機械がAED(自動体外式除細動器)です。「エーイーディー」と呼びます。心停止状態に陥る原因の一つに重篤な不整脈(致死性不整脈)がありますが、これにはAEDの電気ショックが有効です。AEDは起動すると音声メッセージが使い方を指示してくれるので、難しくはありません。電源はボタンを押すタイプと、ふたを開けるだけで起動するタイプがあります。

 起動したら中に入っている2枚の電極パッドを取り出し、傷病者の胸に貼ります。位置は胸の右上と左下側です。パッドに描かれているイラストを参考にしてください。この時、傷病者の胸がはだけるように服を取り除きます。もし取り除けない場合は服を切ることもあります。パッドを貼ると、自動的に「解析します」という音声が流れるので、心臓マッサージを一時中断します。それまではパッドを貼る時も心臓マッサージを続けてください。

 解析後、「電気ショックが必要」とAEDが告げたらショックボタンを押します。感電の恐れがあるので、誰も傷病者に触っていない状態で押してください。そして直ちに心臓マッサージを再開します。致死性不整脈でなければ「電気ショックは不要」という音声が流れるので、ボタンを押さずに心臓マッサージを再開して下さい。心臓マッサージは、再び解析が始まるという音声が流れた時、救急隊員が来た時、傷病者が動き出した時以外は続けてください。

 AEDは街のどこにでも見かけるようになりました。市役所や学校、駅や高速道路のサービスエリアなど公共の施設はもちろん、ホテルやスーパーマーケットにも設置されています。AEDを使えば救急車が到着するより前に電気ショックをかけることができ、心拍が再開する可能性が高くなります。いざというときの備えに1度は蘇生講習会などで体験しておくことをお勧めします。

<アピタル:医の手帳・心肺蘇生>

http://www.asahi.com/apital/healthguide/techou/(新潟大学医歯学総合病院 高次救命災害治療センター 本多忠幸副部長)