同居の父親を刺殺容疑、30歳息子を逮捕 神戸・垂水

[PR]

 同居する父親を刺したとして、兵庫県警は16日、神戸市垂水区学が丘7丁目の無職、鷲尾勇介容疑者(30)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕し、発表した。父親の佳昭さん(57)は搬送先の病院で死亡が確認され、県警は容疑を殺人に切り替えて調べている。

 垂水署によると、鷲尾容疑者は16日午後7時40分ごろ、集合住宅にある自宅で、佳昭さんの腹部を包丁で数回刺した疑いがある。直後に自分で119番通報し、駆けつけた署員が台所で仰向けに倒れていた佳昭さんを発見。隣室にいた鷲尾容疑者が「自分が刺した」と認めたという。