[PR]

 視覚障害のスキーヤーが急斜面を滑り降りるとき、どんな風景が見えているのだろうか――。そんな疑問に応える動画や写真をインスタグラムで配信する選手がいる。平昌パラリンピック、アルペンスキー女子視覚障害の英国人選手、メナ・フィッツパトリック(19)だ。

 ぼんやりと白い視界に、ガイドの背中が映る。視野が狭く、迫り来る旗門は直前まで見えない。「ターン」「ヤー」。ガイドとのやりとりが響く。

 フィッツパトリックが8日に投稿した練習風景の動画だ。インスタグラムに「@seelikemenna(メナのように見て)」と名付けたアカウントを開設し、動画や写真をアップしている。

 スキーをする動画から、カフェでの写真まで。すべてぼんやりとした「メナ目線」の世界が再現されている。

 動画や写真は、トヨタ自動車の支援でつくられた。11月にオーストリアで1週間の合宿を行い、ヘルメットにカメラをつけて動画を撮影。医師や専門家も加わって特殊なフィルターを通すことで、正確な視界の再現を目指した。

 フィッツパトリックは生まれつ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら