[PR]

 覚醒剤約57グラム(末端価格約363万円)を所持していたとして、東京都目黒区のタレント島崎彩被告(33)が男とともに覚醒剤取締法違反の罪で起訴されていたことが、関東信越厚生局麻薬取締部横浜分室への取材でわかった。

 横浜分室は、2人が同居するマンションから覚醒剤のほかコカイン約20グラム(同約100万円)、合成麻薬MDMAや大麻少量などを押収。2人が密売していた疑いもあるとみて捜査するとともに、使用の実態についても解明を進める。

 横浜分室によると、起訴された男は無職高畑愛平被告(27)。横浜分室は2月20日、両被告宅を家宅捜索し、覚醒剤の所持容疑で高畑被告を現行犯逮捕。同26日に島崎被告も逮捕していた。

 島崎被告は「麻生希」として多数のアダルト作品に出演している。