【動画】百四丈滝の水しぶきが凍り、氷のつぼが現れた=依知川和大撮影
[PR]

 石川、岐阜県境の白山(標高2702メートル)中腹にある「百四丈滝(ひゃくよじょうのたき)」で、流れ落ちる水が氷のつぼに吸い込まれる雄大な姿が見られる。標高1800メートル付近にある百四丈滝は、豊富な伏流水に恵まれ、冬でも流れ続ける。氷のつぼは12月ごろから降り積もった雪に加え、落差90メートルの滝の水しぶきが凍って徐々に成長する。直径10メートルほどあり、高さは大きい時には40メートルにもなるという。(上田潤)

関連ニュース