[PR]

オウム事件を裁いた元裁判長、三上英昭さん(73)

 東京地裁の裁判長として教団幹部ら17人の裁判を担当した。忘れられないのが、1996年3月、教団の「治療省」トップ、林郁夫受刑者(71)=無期懲役が確定=の第2回公判。林受刑者は「本来医師として人の命と健康を守る使命を与えられた私の行為の、何とおぞましいことか」と言って泣き崩れた。傍聴席の遺族もこらえきれず、泣き出した。

 《法廷がしーんと静まり返った。無残な事件だと思った。》

 約1年3カ月後。証人として出廷した教祖・松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(63)の姿は対照的だった。宣誓書に指印を促しても、英単語や小声で何かを言うだけ。「かつての弟子が証言してほしいと言っているのに、誠実に対応する気持ちはないんですか」。そう聞いても、応じなかった。

 《信徒たちと向き合えば証言す…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら