[PR]

 東京・将棋会館4階の大広間。正座をして前傾姿勢になった藤井聡太六段(15)は、対局前にもかかわらず、まだ駒が並べられていない盤面を見つめていた。

 15日に行われた、第76期将棋名人戦C級2組順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の最終10回戦。藤井六段は前回の9回戦で、初戦から9連勝し、一つ上のC級1組への昇級をすでに決めていた。順位戦開幕前からの目標を達成したが、気が緩んだ様子は全くない。朝から全力投球だった。本局に勝てば、史上初の「中学生での全勝昇級」を達成する。

拡大する写真・図版対局を振り返る藤井聡太六段(左)=15日、東京都渋谷区

 相手の三枚堂達也六段(24)は、対戦を楽しみにしていたという。「藤井六段の活躍に刺激を受けている。力が入った」。昨年、早指しの「上州YAMADAチャレンジ杯」で藤井六段らを破って優勝。藤井六段にとっては、公式戦2敗目となる黒星だった。

拡大する写真・図版2手目を指す三枚堂達也六段=15日、東京都渋谷区

 対局は午前10時に開始。後手番の三枚堂六段は、得意とする戦法「横歩取り」を選んだ。序盤から飛車と角が飛び交う激しい将棋になったが、31手目の▲7七金が三枚堂六段の意表をついた。午前中の段階で、藤井六段がペースをつかんだ。

 その後、藤井六段は自分の角と相手の飛車を交換することに成功。三枚堂六段は、盤上に角を2枚打って挽回(ばんかい)を図ったが、中盤で痛いミスが出た。

 図は、三枚堂六段が△3一歩と…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら