【動画】太陽の塔の内部に復元された「地底の太陽」とプロジェクションマッピング=上田潤、太田成美、遠藤真梨撮影
[PR]

 48年ぶりに内部公開が始まった「太陽の塔」(大阪府吹田市)は、故岡本太郎が手がけた特殊な形状の展示物を、わずかな手がかりをもとに現代技術でよみがえらせた。1年半にわたる再生への道のりを振り返る。

 大阪府が一昨年秋から約18億円をかけて取り組んだ再生事業では、高さ約41メートルのオブジェ「生命の樹(き)」と、第4の顔「地底の太陽」を復活させた。

 内部の再生は、岡本が万博を機につくった「現代芸術研究所」(東京)が担った。「我々が岡本太郎になって、いまできる最高のものを作ろう」。これがチームの合言葉だった。

 元通りに「復元」するのではな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら